tel

03-3486-2631

平日9:00~18:00

“老舗京菓子店がUGC活用ECサイトで美味しさを伝える人気コンテンツに”

about
【事例紹介】株式会社鶴屋吉信
享和3年創業の老舗京菓子店。江戸時代から200年以上続く伝統ある老舗でありながら、近年では新感覚の和菓子ライン「IRODORI」やSNSでも人気のコラボレーション和菓子「カービィのまんまる手づくり最中」など、新しい価値を求めて伝統にとらわれない新菓も多数作り出している。
利用サービス
食品 , 菓子
鶴屋吉信オンライン

visumoとインスタグラムの導入で
お客様と身近に繋がる効果が

当社では昔からの京菓子だけでなく、「IRODORI」など比較的若い年齢層を対象としたモダンなコンセプトのお菓子の販売もございます。そのため近年ではインスタグラムにも投稿していただく機会が増え、それを販促にいかせないかと思いvisumoの導入を決めました。創業200年以上の老舗京菓子店ということもあり敷居の高いイメージを持たれがちでしたが、visumo導入がきっかけでインスタグラムをはじめたことで、少しずつ垣根も低くなっているように感じています。“鶴屋吉信がSNSを活発に運営している”ということ自体が会社としてコミュニケーションに前向きであるという印象を与えられているようにも思います。
また、SNSではいわゆるお問い合わせだけでなくお菓子の意匠や美味しさへのお褒めの言葉、お菓子を送られたり購入されたりといったユーザーのストーリーなど、ポジディブなご意見や反応をいただけることが多々ございます。有難いことに何度も当社のお菓子を投稿してくださる方や、親子3代にわたって当社のお菓子を召し上がっておられるとコメントをくださる方もいらっしゃいます。visumoのおかげでお客様とのコミュニケーションもとれるようになり、社内でもそういったお客様から頂くコメントやお声を共有することで従業員のモチベーションアップにもつながっています。

和菓子

社内での、ビジュアルやSNSに対する意識が変わりました

インスタグラムを本格的に使用する前までは、当社内では”京菓子は重厚感のある漆器や器を用いてお召し上がりになるのがベストである”というなかば固定観念のような意識がありました。しかし、いざインスタグラムを開始すると、お客様がコーヒーと一緒に和菓子を楽しんでいらっしゃったり、洋食器に盛り付けてくださったりと、様々なしつらえで当社のお菓子を楽しんでいらっしゃる様子を見ることができました。その時に、当社のお菓子を美味しく召し上がってくださる、しきたりや格式にこだわりすぎない自由な発想の魅力に気付かされました。visumoを活用しサイトでもそういった「公式からはなかなか発信できない新しい食べ方やスタイル」を掲載することで、お客様に新しい楽しみ方をご提案出来ていると感じております。
ECサイトでビジュアルコンテンツを強化した効果や影響は実店舗にも波及し、現在ではEC・実店舗ともにビジュアル面での訴求力を高めるような商品イメージの制作、宣伝の参考にもなっております。

鶴屋吉信オンライン商品詳細ページ

商品ページに掲載することでレビュー代わりにもなっています

様々なページに*UGCを掲載することで、サイトの彩りにもなりました。クリックするとスムーズに商品ページへ遷移することができるので、気になった投稿が何の商品の写真なのか一目でわかるのも魅力的です。ECサイトにパッと目に付くビジュアルがあるのとないのでは、全く異なります。魅力に富んだイメージを使用したコンテンツが定期的に更新されているというのも、サイトに活気をもたらす効果になっていると思います。

中でも、一番効果を実感したのは商品ページへのUGCの掲載です。visumoを使用し、開封時のビジュアルや、お客様ならではの食べ方などのバリエーション豊かな写真を商品ページに掲載することでよりお求めいただきやすくなったと思います。また、お客様の写真や投稿内容がレビューの役割も担っていると実感しています。SNSですと気軽にコメントできるため、通常のレビューよりも簡単にお客様のコメントを収集でき、購入前の一押しになっています。ECサイト上では、“口にしていただいて初めて実感できる魅力を画面越しで知っていただく難しさ”がありましたが、その部分をvisumoに助けてもらっています。

今後は、動画の活用やキャンペーンでの活用など、より一層お客様に喜んでいただけるようなコンテンツ作りをしていくことも検討しております。


(※*UGC‥‥‥User Generated Contentsの略。SNSに上がる写真など、ユーザー側で形成されるコンテンツのこと。)


編集後記

ECサイトで”食べたことのない食べ物を買う”というハードルの高さは、食品ECのひとつの課題とも言えます。そんな中、鶴屋吉信様では商品詳細ページに自社で撮影した写真以外にお客様の撮影した写真や食べ方を紹介することで、ECサイトでの購入の後押しにもなっています。お客様のお写真を見ていて、「ライフスタイル」や「お菓子を食べる楽しみ」が詰まっている非常に魅力的なコンテンツになっていると感じました。

当社といたしましてもvisumoを導入したサイトにとって魅力的で新しい見せ方ができるよう、製品をバージョンアップして参ります。

事例紹介一覧へ